2019/02/11

サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2019

テーマ:音響(PA)公衆伝達(パブリック・アドレス)

2019年2月9日(土)17:00
公募アーティスト:大久保雅基、杉野晋平、dobby/仮説
ゲストアーティスト:夏の大△、藤田陽介

2019年2月11日(月・祝)15:00
公募アーティスト:Affine、signal compose、大所帯非楽器アンサンブル POLY!
ゲストアーティスト:電力音楽(木下正道・多井智紀・池田拓実)、Hair Stylistics(a.k.a.中原昌也)

チケット 当日券のみ 
一般2日通し券 3,000円 
一般1日券 2,000円  
U25 1日券 1,000円(25歳以下・要証明書)  
高校生以下:無料(事前申込必要)

愛知県芸術劇場 小ホール(愛知芸術文化センター地下1階)
主催・お問合せ:愛知県芸術劇場 052-971-5609 ws24@aaf.or.jp

2019/01/24

電力音楽トークイベント:"サウンドパフォーマンス"について

現代・音楽リレーレクチャー
"サウンドパフォーマンス"について
~サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2019にむけて

"演奏とは何か"を探求した末にそれぞれが電気機器の使用に行き着いた異色トリオ「電力音楽」が、それぞれの思索や実践について語る。「サウンドパフォーマンス」という枠組み、そのプラットフォームの催しが担う役割や向かうべき方向について考える。

日時:2019年1月24日(木)18:00~20:00
会場:パルル(名古屋市中区新栄2-2-19)
講師:電力音楽(木下正道+多井智紀+池田拓実)
定員:35人
入場無料

申込方法(先着順)
ws28__at__aaf.or.jp まで以下を記載の上、お申込みください。
件名:リレーレクチャー
本文:
(1)お名前(複数名参加の場合は代表者名)
(2)参加希望回
(3)人数
(4)ご連絡先(電話番号)

http://www.aac.pref.aichi.jp/gekijyo/iframe/detail2018/18_cmls/index.html

2019/01/03

自作曲を演奏する年末年始:年始編

2019年1月3日(木) 15:30開場、16:00開演
倉垣卓麿、池田拓実、池田若菜、渡辺愛
予約・当日ともに 2,000円(予約はポイント5倍)

Ftarri 水道橋店
文京区本郷1-4-11 岡野ビルB1 金刀比羅神社向かい
http://www.ftarri.com/suidobashi/

2018/11/03

シュテファン・プリンス インプロヴィゼーション・ライヴ

【演奏】
シュテファン・プリンス(エレクトロニクス)
有馬純寿(エレクトロニクス)
池田拓実(エレクトロニクス)
石川広行(トランペット)
山田岳(ギター、ベース)

【日時】2018年11月3日(土)18:30開場 19:00開演
【料金】2,000円+税(1ドリンク別)
【会場】荻窪ベルベットサン
東京都杉並区荻窪3-47-21 サンライズビル1F
荻窪駅から徒歩約8分
http://www.velvetsun.jp

Stefan Prins:1979年ベルギー生まれ。ベルギーの大学(工学科)を卒業後、アントワープ王立音楽院にてピアノと作曲を学ぶ。リュック・ファン・ホーフェに師事し、マスターを最優秀で修了。その後、ブリュッセル王立音楽院にて音楽とテクノロジーをペーター・スウィンネンに、ハーグ王立音楽院ソノロジー研究所にて研鑽を積むほか、アントワープ大学にて文化の哲学、テクノロジーの哲学を学ぶ。さらに、ハーバード大学にて作曲家ハヤ・チェルノヴィンに師事、博士号を取得。ナダール・アンサンブルのディレクターであり、エレクトロニクスを担当。即興コンサートも盛んに行なっている。近年エレクトロニクス音楽の分野で最も注目を集める作曲家の1人である。若い世代からの人気も高く、その作品はヨーロッパの様々な音楽祭で上演され、多数のアンサンブルがレパートリーとしている。

【関連企画】
シュテファン・プリンス レクチャー
10月30日(火)18:30|国立音楽大学合唱スタジオ
http://www.kunitachi.ac.jp/event/concert/lesson/20181030_01.html

〈現音・秋の音楽展2018〉
世界に開く窓 エレクトロニクスの新展開 作曲家シュテファン・プリンス初来日
11月5日(月)19:00|牛込箪笥区民ホール
http://www.jscm.net/?p=5159

next mushroom promotion vol.14 個展
11月9日(金)19:00(プレトーク18:30)|大阪・豊中ローズ文化ホール
http://kinoko2001.music.coocan.jp/CCP.html

2018/10/27

The Wug #1

演奏:
木下正道(ピアノ、他)
森下雄介(トランペット、他)
池田拓実(作曲、エレクトロニクス、他)

2018年10月27日(土) 19:30開場、20:00開演
料金:2000円

Ftarri 水道橋店
文京区本郷1-4-11 岡野ビルB1 金刀比羅神社向かい
http://www.ftarri.com/suidobashi/

JR「水道橋」駅 徒歩5分
都営三田線「水道橋」駅 徒歩3分
丸の内線/南北線「後楽園」駅 徒歩8分
丸の内線「本郷三丁目」駅 徒歩8分

※会場はCDショップです。開演前、休憩時、演奏終了後にお店の商品を購入いただけます。
※飲食物の販売はありません(持ち込み可)。店内は常時禁煙です。

2018/10/10

riunione dell'uccello #8

鳥の会議

出演:
電力音楽(木下正道+多井智紀+池田拓実)
KO.DO.NA
直江実樹&村田結

池ノ上 BAR GARIGARI
2018年10月10日(水)
19:00開場 19:30開演
入場無料 要1ドリンクオーダー

http://torinokaigi.web.fc2.com

【電力音楽】
作曲家の木下正道とチェリストの多井智紀が「演奏とは何か」をそれぞれ独自にかつ端的に思考するうちに、電気機器の使用に行き着き、自宅などでセッションを開始。程なく池田拓実が合流し、三輪眞弘の「中部電力音楽宣言」を横目で見つつも「電力音楽」を名乗り、都内各所で演奏を開始する。池田はコンピュータ、木下はジャンクミキサー、多井は分解したエフェクターやラジカセをそれぞれ主に演奏する。発音機構が異なるので、バランスとしては「ギター、ベース、ドラム」の3ピースバンドに近いのではと勝手に思っている。

【直江実樹】
短波ラジオ奏者。
1967年石川県金沢市生まれ 横浜在住
2000年から短波ラジオSONY CF-5950による仕込みなしリアルタイムチューニングによるライブを開始。
ソロやインプロヴィゼーションの他、参加ユニット、バンド多数。ジャンル、場所の自由度高く活動。
ソロはVELTZレーベルよりライブCD(2011)、カセットシングル(2014)をリリース(いずれもSold Out)。
今回は村田結さんとのDUOにて出演。
https://blog.goo.ne.jp/mikinaoe42_12

【村田 結】
環境音楽や即興演奏を取り入れた「zooZooz(ex.zuzuz)」、ロックバンド「仇花」のDr.を経て、2016年頃からガットギターで一人で歌い始める。2018年2月より三浦モトムが主催するエクペリメンタル音楽集団HALBACHでボイスを担当する。2018年7月8日に初のワンマンライブを高円寺UnKnownTheaterにて敢行。
今回は直江実樹氏とのDUOにて出演。
https://www.tumblr.com/dashboard/blog/dolly0214-blog

【KO.DO.NA】
クラブDJ・即興演奏・現代音楽を経て、劇団唐組に入団。
退団後は劇中音楽の作曲や、Improvisation主体のバンドにて活動。
2006年 Musical For Kitchen Records より『小人の化学』をリリース。
2010年 ルクセンブルグの soundzfromnowhere より「riunione dell'uccello」をリリース。
現在は主に、西麻布「BULLET'S」六本木「SuperDeluxe」に出演。
2013年~2015年にかけてNY、韓国、デンマークにてツアーを行う。
また、舞台音楽・即興演奏・楽曲演奏と幅広く活動中。
2014年、デンマークツアーを行う。
2015年、コペンハーゲンのレーベル『HIPSTER record』より「Riunione Dell’uccello」リリース。
2017年、デンマークのコペンハーゲンとオールボーにて「チェリー・ミュージック・フェス」で出演。
また、舞台音楽・即興演奏・楽曲演奏と幅広く活動中。
http://kodona.web.fc2.com/

2018/09/28

Edgar Macías 来日コンサート

Edgar Macías 来日コンサート:現代パーカッション音楽とラテンアメリカのフォーク音楽

第1部:パーカッションとエレクトロニクス
- Javier Álvarez, Raúl Tudón, John Cage, Vinko Globokarの作品
- インプロヴィゼーション(共演:池田拓実)

第2部:メキシコとラテンアメリカのフォーク音楽

Edgar Enrique Macías Zamora
マルチパーカッション奏者として非常に幅広いジャンル、特に現代音楽やクラシック音楽で活躍するメキシコ在住の音楽家。マリンバ、ヴィブラフォンをはじめとするあらゆる打楽器に加え、サンポーニャ、ケーナ、チャランゴ、ハラーナ、ギターにも精通するラテンアメリカ音楽の優れた演奏家でもある。多数の演奏家、演奏団体と共演し、声楽家としてヴォーカルグループにも参加する。また、子どもから大人まで幅広い層へ向けて音楽とアートを教えている。Instrumenta Contemporánea Oaxacaのコンサート・プロデューサーおよびパーカッション・コーディネーターを務める。
https://www.youtube.com/watch?v=j-pbDg-0Fpo

2018年9月28日(金) 19:30開場、20:00開演
料金:2000円
会場:Ftarri 水道橋店
文京区本郷1-4-11 岡野ビルB1 金刀比羅神社向かい
http://www.ftarri.com/suidobashi/

JR「水道橋」駅 徒歩5分
都営三田線「水道橋」駅 徒歩3分
丸の内線/南北線「後楽園」駅 徒歩8分
丸の内線「本郷三丁目」駅 徒歩8分

※会場はCDショップです。開演前、休憩時、演奏終了後にお店の商品を購入いただけます。
※飲食物の販売はありません(持ち込み可)。店内は常時禁煙です。
※演目は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

予約・問い合わせ:info@ftarri.com(予約の場合には、氏名、人数、電話番号をお知らせください)